★母系社会とは こんなイメージ

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

kayoi.gif
☆花楼(かろう)に、好きなアーシャ(恋人)を招き入れる


<★母系社会とは こんなイメージ>

母系社会とは、こんなイメージです。

中国の少数民族、モソ族は1500年以上前から四川省南部の辺境で暮らしてきた人口約5万の民族で、現存する世界最後の母系社会といわれています。

この母系大家族制度は、祖母(おばあちゃん)が家庭の中心で、一族の資産を管理します(家長と財産は、代々女性に引き継がれていきます)。家族全員が祖母(おばあちゃん)の血を引き、結婚という制度をとらず、男は、妻を娶(めと)らず、女は嫁(とつ)がず(お嫁にいかず)、生まれた家で、母親、兄弟、姉妹と、生涯を一緒に暮らす女の国です。

女の子は13歳で成人し、離れの2階に個室(花楼・かろう)が与えられ、18歳から20歳頃に、男性が夜、部屋に訪れる通(かよ)い婚が始まります。女性にとって男性は、アーシャ(阿夏)とよばれるパートナーで、必要なときだけ特別に造られた花楼に通(かよ)い婚(夜這・よばい・夜の営み)に訪れる存在です。アーシャは必ずしも一人に限らず、その相手と一緒に生活せず、子どもの養育義務も無く、父というよび方も無い存在です。

光源氏(ひかるげんじ・紫式部の物語「源氏物語」の主人公。女性遍歴が激しい。)を想像しますが、女性遍歴を重ねるような男性はいなくて、別れはあっても、頻繁に女性を替える行為は、恥ずべき事だと思われています。生まれた子どもは、母親の家族が育て、父親には責任は生じません。少数民族ゆえか、子どもは3人までです。

母系社会では、男と女の愛は、はかなく不確実なもので、母と子の絆こそが永遠だと信じられています。男も女も、時の経過とともに、異性を求めるものなのです。それを受け入れるには、母系社会が最適です。

ここでは、犯罪は、おろかケンカもありません。みんな仲良しで、行政は、トップの数人のみが男性で、あとは女性が取り仕切っています。

みんな、一夫一妻制度を知りませんが、この地に住むものにとって、何の疑いも無く女系社会は最高に良いといいます。女は自立するし、好きな母親、家族と生涯助け合って過ごすことが出来るし、子どもも全員で育てるから素直で良い子になるといいます。

k.gif
★公認の逢引き場所

生活を競争する事もなく、みんな仲良く、「核家族」にならないのも特長です。子どもたちもこの生活に満足し、テレビに刺激されても、都会に住みたくないと伝統的に思っているようです。

いかがでしょう?女性や子どもにとっては、最高のシステムのように思えるのですが。そして、なにより男性にとっても最高だろうということです。

寅さんではありませんが、「男はつらいよ!」という部分が、大幅に軽減すると思います。生活の基本は、「自給自足」の自然循環型・不耕起農業と、必要以上に収奪しない漁業ですので、収穫の歓びも味わえますし、なによりも自然からの十分な癒し効果が得られます。

田畑や湖や海に出かけての労働は厳しいのですが、その分、身体は鍛えられ、健康になります。なにもスポーツジムにおカネを払ってまで通うことはありませんし、病気や病院も半減してしまうでしょう。

男は、おカネの心配や資産の管理をしなくてもいいし、結婚の煩わしさもなく、子どもの養育の義務もありません。いちいち「誰が父親か」を問われることもありません。

むやみな競争に疲れることもなく、ゆったりと流れる時間に身をゆだねて、「田」の「力」=「男」として、食糧の生産・供給と女や子どもたちの安全に気をつけていればいいだけです。

SEXもフリーですので、男女に負担がなく、現在のような、ヘビーでダーティなイメージも払しょくされるでしょう。

自然に沿った、つつましい生き方(ライフスタイル)は、男女にとって大きな恵みを与えてくれるでしょう。

豊かな母系大家族制度は、我々に人間らしい生き方とは何かを教えてくれる一例なのかもしれません。

kayoikon.gif
☆後方母屋の二階が、アーシャ(恋人)を招き入れる花楼(かろう)記事

最近、現代の結婚制度や家族のあり方は、精神的な幸せを置き去りにしていると感じられてなりません。家というものを重視し、そして育児は、ほぼ母親一人に押し付けられ、孤立した家庭の中で育てられる、子どもの不幸な事件が、たびたび報道されています。

結婚という制度(一夫一婦制度)を変え、子どもたちが、もっと多くのコミニュティの中で、育てられる社会に変化していくべきだと思うのです。この、男が創った男脳の社会は、あらゆる所で行き詰ってきています。資本主義(おカネ主義)という、一部の支配者のツールによって、ヒトの大部分は、おカネの奴隷としてこき使われています。

本当に生きたい人生を生きるべきなのに、おカネが社会の中心となり、そこから様々な誤った価値観や商売が生まれ、それに振り回されているのが現状です。もはや、生きていく(おカネを稼ぐ)ためには、起業するか就職するかの、ふたつにひとつしかありません。(おカネがなくても、「種・タネ」があれば生きていけますよ)

経済(おカネ主義)って、多くの市民の犠牲と不幸の上に「自作自演」でなりたっています。わざわざ「自作自演」しなければ成り立たない、こんなおカネ主義って必要なのでしょうか?おカネはクーポンにしちゃえば!きっと 自然がおカネを創造しなかったのは、おカネによって反自然(不自然)になる、ヒトへの警告なのです。グローバル企業が地球を崩壊させます。

(「自作自演」:ワクチン販売のためにエイズを自作自演したり、お酒の製造を禁じておいてお酒を売るとか、タバコの栽培を禁じておいてタバコを売るとか、近年の戦争(偽旗作戦)は、すべて自作自演だというし、企業が起こすさまざまな事件も、株価を暴落させ、底値で企業買収するという見え見えだし、大量の患者をつくらなければ売れない薬や病院とか、もちろん月面着陸も911もウソだし。。。)

自然破壊は、ヒトを取りまく環境(環境破壊)だけでなく、当然、自然そのものである人体も破壊します。人体破壊は人口削減計画?でもあります。土壌燻蒸(くんじょう)剤や除草剤、殺虫剤、化学肥料を使った化学工業農業。化学調味料、化学合成着色料、防腐剤、殺菌食品、添加物、遺伝子組換え加工化学食品などを食べ、おまけに、毎日、被爆?していれば、そうなりますよね。

いま、社会は、転換点にあるのではないでしょうか? ON-LINE(ネット)によって、ヒトの意識はどんどん変化し、広がり、いつか現在の社会システムは崩壊し、新しい社会にシフトしていく、そんな気がします。

ka.gif


<男脳社会・父系社会は、こうしてできた>

男脳は、成人すると、自分のテリトリー(縄張り・権力・食糧)を確保しようとします。そして、このテリトリー(縄張り・権力・食糧)の内に、女性を確保しようとします。このテリトリー(縄張り・権力・食糧)を犯す他の男は、自分の「DNA」を残すための「敵」とみなし、追い出すか、殺害します。これが戦争(男脳)の原点です。

また、おカネは、形を変えた、男脳のテリトリー(縄張り・権力)です。したがって、おカネがない男(オス)は、意気消沈し、戦力からはずれていきます。守銭奴は、このテリトリー(縄張り・権力)を守ろうとする、男脳の悲しい性(さが)なのです。

支配者は、この男脳のテリトリー(縄張り・権力・食糧)心理をうまく利用し、おカネや戦争へと誘導し、支配します。

戦争(偽旗作戦)は、男脳の闘争本能を利用した、略奪と支配のための、支配者の便利なツール(商売)です。この戦争(偽旗作戦)を維持するためにつくられたのが軍産複合体(軍事産業の維持・発展を推進するための利益追求集団)です。

こうして、自分の「DNA」を託す長男に、代々、テリトリー(縄張り・権力・食糧)、つまり、資産を移譲していくのが、父系社会です。それが現在の「国」の姿でもあります。

具体的にいうと、自分の子どもを特定しなければならないので、女性を家に閉じこめ、貞操を求め、他の男との不倫を禁じます。不倫というコトバも男脳がつくったものです。これを正当化するため、男尊女卑の思想がつくり出されていきます。

良くも悪くも、現代社会は、この男脳によって造られています。男脳には、(すべての)女を独占し、自分のDNAだけを残したいという強い性欲があります。しかし、矛盾するようですが、そんなに厳密性を要求しているわけではなく、スギ花粉のように、いっぱいバラまいた内、そのいくつかが妊娠にこぎつければいいや、というのん気な性欲でもあります。むしろ、射精することに意義あるといった具合です。大変無責任なのです。

ですので、女が妊娠を告げると、たいていの男は、「え?ウソ!」といいます。したがって、母系社会になっても、そんなに自分の子かどうかに、こだわらないともいえそうです。

⇒▲トップの比較サイトへ戻る


kayo.gif

<母系社会⇒父系社会へのパラダイムシフト(paradigm shift・社会全体の価値観などが劇的に変化すること )>

そもそも母系社会は、人類誕生以来、数百万年続いてきました。結婚などなく、リベラルなセックスの男女の集団社会で、親子を定めるものといえば、母子だけでした。ところが理由や原因は解りませんが、4000年前、突如、母系社会が崩壊し始め、父系社会になっていくのです。

それが特に、明らかになってくるのは、約2000年前です。男脳が、女脳を完全に征服したのは、ユダヤ・キリスト教・イスラム教によってでした。ユダヤ・キリスト教・イスラム教は、世界初の本格的な一神教として、特徴づけられています。

ユダヤ・キリスト教・イスラム教は、母なる神の崇拝に対するアンチ・テーゼとして現れた、父なる神を崇拝する男尊女卑の宗教です。

英語の「man」は、「人」という意味を持つと同時に「男」という意味です。一方、自然を意味する「nature」は、「産まれる」という意味のラテン語に由来し、女性と関係付けられています。「人」といえる存在は、男だけであって、女ではありません。

「人」を数える時は、男の数を数え、女や子どもは、男に付随するものといった感覚です。

つまり、男と女の関係は、人間と自然の関係として捉(とら)えられていたのです。人間が自然に対して無力で、自然崇拝が盛んだった先史時代においては、自然が人間よりも優位だったので、女は男よりも優位でした。

人間を生んだのが自然であるように、男の子を産むのは母親です。これは医学的で、当たり前で、議論の余地のないことですよね。

ところがなんと、「旧約聖書」では、最初の女(イブ・「呼吸をする」とか「生きる」という意味)は、男(アダム・ヘブライ語で「地面」という意味)の、あばら骨から造られています。男から女が造られるという、最初から、ありえないストーリーではじまります。

kami.gif
☆ミケランジェロ/システィーナ礼拝堂天井のフレスコ画/父なる神とアダム

「人がひとりでいるのは良くない。彼のために、ふさわしい助け手を造ろう。創世記2-18」「神はアダムを深く眠らせ、眠ったときに、そのあばら骨の一つを取って、その所を肉でふさがれた。主なる神は人から取ったあばら骨でひとりの女を造り、人のところへ連れてこられた。創世記2-21」

しかも、失楽園の記(創世記3-1)は、狡猾(こうかつ)なへび(サタン・悪魔)と淫行の末、堕落し、世界を不幸に陥れたのは、イヴ(女)であるということになっています。一切の罪の大もと(原罪)は、女にあるとされているのです。

こうして、一切の罪のもとをつくった女から、人類歴史の血統は流れ、いまに至っています。現在でもやっている、贖罪(しょくざい・罪滅ぼし)は、ここからはじまっているのです。

なんという、徹底した男尊女卑の思想でしょう。そして、この思想の最後(終末)に、すべてを贖罪(しょくざい・罪滅ぼし)しに来られるのが、救世主たるキリストの降臨ということになります。

ユダヤ・キリスト教・イスラム教では、女が男を産むという自然な考えが否定され、男が女を産むという反自然的(不自然)な説明がなされているのです。ここに、女脳社会(母系社会)を男脳社会(父系社会)に変えようという意図(いと)・作為(さくい)を見ることができます。自然(環境)破壊・人体破壊の原点はココにあるのです。

では、なぜ宗教なのでしょうか?宗教は、いったん信じさせてしまえば、その教理の内でのみ議論するようになり、決して、その宗教から外に出ようとしないので、ヒトを囲いの内に閉じ込めておきたい、支配者のツールとしては、最適なのです。

つまり、「人間牧場」ですね。いったん宗教の内に入れてしまえば、煮て食おうと焼いて食おうと自由ということになります。

経済(おカネ主義)も支配者の有効なツールです。現在、何人といえど、おカネ主義の社会・牢屋(ろうや)から逸脱することはできません。みんな奴隷なのです。

大切なことは、母系社会⇒父系社会へのパラダイムシフト(paradigm shift・社会全体の価値観などが劇的に変化すること )が自然な流れでも、偶然にそうなったのでもなく、誰かが意図的につくっているということです。

歴史の変化に、偶然は存在しません。すべては、「自作自演」ということです。

⇒▲トップの比較サイトへ戻る


kay.gif

<父系社会⇒母系社会へのパラダイムシフト(paradigm shift・社会全体の価値観などが劇的に変化すること )>

4000年前まで、人類すべては母系家族だったのです。結婚などなく、リベラルなセックスの男女の集団社会で、親子を定めるものといえば、母子だけでした。母系社会だったのです。

父なる神に対するアンチ・テーゼとして、母なる神(生命の根源は、女なのです。医学的にも認められています)を尊敬する、男尊女卑の宗教など無い、無宗教の母系社会をつくりましょう。そもそも母系社会は、人類誕生以来、数百万年続いてきました。ところが4000年前、突如、母系社会が崩壊を始め、父系社会になったのです。ここに回帰しようというだけです。現代風にね。難しいことでは、ありません。かつて、そうだったのですから。

父系社会になったとたん、生命の原点(自存者・ガイア・女)を忘れ、自然を破壊しはじめました。悪魔や罪という概念を持ち込み、女性を虐待・蔑視(べっし)し、支配するようになりました。

男にまかせておけば、男脳の社会しかできないんです。男が、いくら女は、きっとこうなんだろうって、想像しながらつくっても、しょせん、女のことは、解りません。

いまの世の中って、戦争だ、おカネだ、ギャンブルだ、犯罪だって、男の子(コドモ)の遊びじゃんって、女も気づいてきました。そろそろ女の出番だって、女が、やんなきゃ何も変わらないって、感じはじめました。

女がお腹を痛めて産んだ子どもを、殺害(戦争)する男脳社会なんて必要ありません。父系社会から母系社会へ。資本主義(お金)を廃絶(クーポンに)し、化学工業型農業から微生物循環型自然農業へ移行しましょう。シンプルでリベラルな愛に基づいた、宇宙の法則にあった質素なライフスタイルの母系社会をつくりましょう。

歴史の変化に、偶然は存在しません。すべては、「自作自演」ということです。したがって、母系社会の実現も、偶然ではできません。創らなければ決して存在しないのです。

そもそも一夫一婦の社会は近代にいたるまでほとんど存在しませんでした。一夫一婦はあくまで選択肢の一つでした。

人類学者のヘレン・フィッシャーによれば「愛は、四年で終わるのが生物学的に自然」なのだそうです。人間も生物学的には、子どもひとりを育てる間だけ、雄雌の一対で暮すようプログラミングされているのです。


ヘレン・フィッシャー 「なぜ愛すのか」 1/2 .


ヘレン・フィッシャー 「なぜ愛すのか」 2/2

とすれば、一夫一婦制や結婚制度を見直してみることも必要でしょう。男女の愛は、不確実が当たり前、という生き方を選ぶしかありません。

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

この記事のタグ

サイト内関連記事

★トーラスとガイア・自存者って?
⇒トップの比較サイトへ戻るあなたは、「豆球」のような存在です。バッテリーからプラ......
★Orgasmが男社会を変える
⇒トップの比較サイトへ戻る ●脳のオーガズムとは?  セックスって、こんなに気持......
★LoveTimeと脳内ホルモンの関係
⇒トップの比較サイトへ戻る ●ひとりHであれ、ふたりHであれ、LoveTimeの......
★女の ふしぎ発見!
⇒トップの比較サイトへ戻る <←卵子> ●だれが、創ったの?  男性であれ、女性......
★男の ふしぎ発見!
⇒トップの比較サイトへ戻る ←受精の瞬間 ●だれが創ったの?  男性であれ、女性......
★DNAとゲノム・旧皮質と新皮質・脳内ホルモン
⇒トップの比較サイトへ戻る 「人」という字は、ひとと、ひとが、支えあっているとい......
★悪魔とイワンの馬鹿
⇒トップの比較サイトへ戻る ●股のぞきって?  たまには、天地、逆さに見ることも......
★地球は目的をもつ生命体!
⇒トップの比較サイトへ戻るアイルランドの廃屋 ●コオロギって、知らない?   ......
★地球と同じ目的で生きる!
⇒トップの比較サイトへ戻る ●収穫物が輝いて  秋、田んぼは、金色のカーペット。......
★結婚制度崩壊と「母系社会」の創造
⇒トップの比較サイトへ戻る ●結婚制度の崩壊  いま中国には、「閃(せん)婚族」......
★「母系社会」こそ人間の社会
⇒トップの比較サイトへ戻る 受精したばかりの胎児は、子宮の中で母親から、女性ホル......
★「母系社会」へ還る理由
⇒▲トップへ戻る ●「帰えろかな」とは?  生命の原点(自存者・ガイア)に戻りた......
★「半分」だから「ひとつ」になりたい!
⇒▲トップへ戻る もしも、あなたは「人間は、存在しませんよ!」といわれたら、「バ......
★イキまくりたい脳内麻薬と快楽
⇒▲トップへ戻る ●麻薬(まやく)とは? 歴史上、麻薬(narcotics)とい......
★血の通った社会をつくるために
⇒▲トップへ戻る ←ジークムント・フロイト リビドー(Libido)とは、「性的......
★お祭りと笑える巨根願望
⇒▲トップの比較サイトへ戻る 染色体(せんしょくたい・ chromosome 遺......
★orgasmは、共振現象だ!
⇒▲トップの比較サイトへ戻る 忙しいの「忙」は、「心を亡くす」と書きます。「心を......
★お葬式とお墓と「母系社会」
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ●共同墓地 お墓はいらない。 散骨がある。 お墓は......
★マザー・グース (Mother Goose) の時間だよ!
⇒▲トップの比較サイトへ戻る マザー・グース (Mother Goose)の時間......
★Orgasmの科学と未来
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ←オーガズム(orgasm) ●女のオーガズムはな......
★女が語るSEXを知らない男たち!
⇒▲トップの比較サイトへ戻る 貴男は、こんなふうに思っていませんか? ・女性の性......
★神領域の第3のOrgasm!に導く
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ←オーガズム(orgasm) 女性器に触れずにオー......
★婚外子と女性差別
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ●うるさいTV TVなどを観ていると、どうしてこう......
★赤ちゃんを産むという犯罪
⇒▲トップの比較サイトへ戻る 赤ちゃんを産むという犯罪。ちょっと、過激なタイトル......
★性教育は 社会をつくる キソのキソ
⇒▲トップへ戻る 韓国メディアの報道によれば、同国の小学生の5人に1人が毎月1回......
★ガイアは 極相を目指す!
⇒▲トップの比較サイトへ戻る アイルランドの廃屋 ★ガイアは極相を目指す! ガイ......
★諸悪の根源・男脳と父系社会
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ●「トーラス・torus」とはなにか? ところで、......
★オーガズムを得られない理由
▲ホームへ戻る オーガズムを得られない理由は何なのか? オーガズムとは、累積的な......
★ポリネシアンセックス(スローセックス)のすすめ
何かと、効率とスピードを求めがちな現代において、じっくり愛情を確かめ合う、射精......
★神になった悪魔・男脳のリビドー
↑悪魔崇拝・ヒクソス(家族マフィア・ラスボス・マムシの子ら)▲ホームへ戻る <......
★マインドコントロールからの解放・サヴァリンIn.
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ●「トーラス・torus」 <サヴァリン・インテグ......
★プライド(虚勢)の衰退と母権の台頭
▲ホームへ戻る 【※自意識(私)とは、覚醒(独り立ち・stand-alone)し......
★催眠術の極意&その善用
▲ホームへ戻る (この記事内の、催眠術ヒプノティズム(hypnotism)という......
★精子社会から卵子社会へ
▲ホームへ戻る ●悪魔・サタンとは、嫉妬心(jealousy)のことで、暴力と破......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

愛のルーツ・Roots生命の根源は女。母系社会をめざせ!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://1-az.com/mt/sexual/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。