★赤ちゃんを産むという犯罪

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

dan14.gif


赤ちゃんを産むという犯罪。ちょっと、過激なタイトルですよね。赤ちゃんを産むという行為は犯罪だというのですから。

さて、世界中で、大規模な不妊ワクチン・キャンペーンが展開されています。

ナイジェリアでは、今でも多くのワクチン・キャンペーンがあります。2009年に展開された大規模なポリオ・ワクチン・キャンペーンは、4日間で850万人の子供たちにワクチン接種をさせる、という凄(すさ)まじい電撃的キャンぺーンでした。

北アフリカでは、すでにポリオは根絶されていて、ポリオを発症する確率はほとんどありません。逆に、ポリオ・ワクチンを接種してポリオの発症例が後を絶たないのです。

Life Site Newsの記事によれば、「アマドゥ・ベロ大学薬学部の学部長であるハルナ・カイタ博士か、ポリオ・ワクチンのサンプルを、インドにある研究所に送って成分を分析してもらったところ、ワクチンの中には、いくつかの有害・有毒な成分が含まれており、その内のいくつかの成分は、人間の生殖システムに直接的な影響を与えるものであった」ということです。

ワクチンの中の汚染は、妊娠に影響するものだったのです。「メリーランドに拠点を置く、ヒューマンライフ・インターナショナル社の社長は議会に、いくつかの発展途上国では、女性たちに知らせないまま、不妊薬としてヒト絨毛(じゅうもう)性ゴナドトロピン(hCG)が混入された破傷風ワクチンが接種されている疑いがあるので、調査を要請した」といいます。

ヒト絨毛(じゅうもう)性ゴナドトロピン(hCG)とは、妊娠すると急激に増えるホルモンで、そのホルモンの抗体が生成されると、妊娠した時に、その妊娠を拒絶してしまうのです。つまり、不妊作用を引き起こすのです。

アメリカの多国籍製薬会社のために、西側のメディアが総動員されています。たとえば、GAVI(Global Alliance for Vaccination and Immunisation:「ワクチンと予防接種のための世界同盟」)です。

衝撃的なのは、GAVIが、ビル&メリンダ・ゲイツ・子供たちのためのワクチン・プログラム、ロックフェラー財団、ユニセフ、世界保健機関(WHO)、世界銀行などの"世界的に評判の高い"組織、機関とパートナーシップを築いていることです。

ビル・ゲイツは、ワクチンと生殖に関係する健康分野で、ワクチン接種を実行すれば、世界の人口増加を15%減らすことができると発言しています。「(彼らから見れば)人間として劣っている貧しい国の人々に人口制御の方法を教え込み、これ以上、地球に人口を増やすという犯罪を犯すな」と言っているのです。

ターナーもまた、熱烈な人口削減論者で、「人口を抑制すべきだ」と訴えています。堂々と人口削減を推進している世界保健機構(WHO)もあります。その母体の国連が人口削減!発展途上国の断種キャンペーンを展開しています。

国連は、人口削減の必要性を公式に訴えているのです。世界銀行もそうです。国際通貨基金(IMF)と両輪を成す国連の世界政府システムの一つです。1968年から1981年まで総裁を務めたロバート・マクナマラは、「人口爆発の危機は米国の安全保障にとって、核による滅亡より大きな脅威である」と述べています。

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

アンジェリーナ・ジョリー(愛称アンジー)も、遺伝子解析を受けて、将来、乳がんになる確率が87%、卵巣がんになる確率が50%という結果が出てしまったため、遺伝性がん予防のために両乳腺切除手術を受けました。

彼女は、健康な自分の乳腺をわざわざ切除してしまいました。子宮頸がんワクチンにも犬猫用の不妊剤が入っているといわれています。舛添えさんは、数々の女性を悲しみのどん底に(子宮経癌ワクチンを推進して日本人女性を避妊症にさせた)陥れた男...(ある衆議院議員のコトバ)ともいわれます。

自民党の三原じゅん子議員も同じでしょう。また、福島第一原発事故で放射能を浴びた住民を対象に、県民健康管理調査と称するデータ収集事業を行っていますが、なぜ、最低限の血液検査さえやらないのでしょう。

理由は「白血病のリスクが高くなっていることが分かってしまう」からです。こうした不可解な事象は、「多国籍製薬会社の売上への貢献と、政治家の利権の確保、官僚の将来の天下り先の確保のため」という理屈を使わないと説明できないはずです。

シェリー・テンペラ?博士は、「かつてないほどのワクチン政策がとられているのは、人口削減計画のためです。子宮頸がんワクチンによるアメリカの不妊率は今後、劇的に高くなります。

その原因が、12歳の時に接種したガーダシル(子宮頸がんワクチン)にあると疑う人はいないでしょう」といっています。アレックス・ジョーンズは、「この計画にはロックフェラー財団、べティ・モア財団、ゲーツ財団や国連が絡(から)んでおり、なかでも国連は、人口削減のためのワクチン・プログラムで過去に摘発されています。

これは世界的に行われている計画です。メキシコでは、少年少女に子宮頸がんワクチンが強制されるようです」。シェリー・テンペラ?博士:「インフルエンザ・ワクチンは効果がないものですからリコールして回収すべきです。。。

さて、ただし、常に責任は自分にある、ということだけは忘れないでください。この際、せめて「クロ―バル・エリート」が実在し、「人口削減計画」を現実に推し進めていることを、しっかり記憶にどとめておいてください。

ワクチンは、何度も接種していくことで、大人になってから免疫不全などで突然死します。WHOの秘密文書にも「ワクチンに見せかけた生物兵器を作ろう」と書かれています。これでもワクチンを打つ人は、自殺願望があるとしか思えません。

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

「人口爆発」という市場

人口爆発とは、ここ200年の間に起こった世界人口の爆発的な増加のことです。現在、私達人間に起こっている様々な問題の根本的な原因の一つで、資源枯渇や環境破壊、貧困などの原因となっているといわれています。

そして、根本的な解決策がなければ、これだけの人口を支える水・食糧・エネルギー・住居は、地球にはないと警告。その結果、数十億人が飢えや水不足に苦しみ、それが社会不安につながり、最終的には国際紛争になるというわけです。

知ってますか? 将来、人口爆発は起きません。

飢えをしのげる食べ物があり、自然循環型社会で、自給自足できている国では、人口は安定しています。 食糧の生産や供給よりも人口が増えることはないからです。

人口爆発の隠れた真犯人は、日本など先進国なのです。発展途上国から資源をむしり取る強欲資本主義(おカネ主義)なのです。

強欲資本主義(おカネ主義)が荒らし回ったあとには、多額の累積債務と大量の難民および飢えた人びとが取り残されます。人口爆発の責任の大半は、先進国側にあるのです。

強欲資本主義(おカネ主義)は、先進国による、人口爆発の輸出であると同時に、先進国が発展途上国に依存していることを示します。つまり、自立が必要なのは先進国側であり、発展途上国の人口爆発を非難するのは、まったくの筋違いというものです。

現在、私たち先進国の1人当たりエネルギー消費量は、発展途上国の60倍を超え、たとえば、アメリカは、世界人口の5%に満たないのに、温室効果ガスの25%をも排出しています。まして、先進国に1人の人が誕生すれば、地球の自然システムに対する要求量が確実に高まるのです。

先進国の莫大な消費を少しでも減らしていくことはとても大切です。

先進国に人口が少ない国が多いことからもわかるように、発展途上国の経済力が落ち着けば、人口増加は緩やかになっていきます。

したがって、わたしたちは、人口爆発の危機よりも、人口が増えない社会・自然循環型社会で、自給自足の仕組みにシフトすべきでしょう。

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

強欲資本主義(おカネ主義)は、つねに市場を作り続けなければなりません。たとえば、軍産複合体の企業では、

仕事として兵器や弾薬をつくる⇒倉庫がいっぱいになる⇒それを売るために戦場(市場・自作自演・ニセ旗作戦)をつくる⇒また、仕事ができる

これをサイクルを止めれば、企業は倒産するので、必死に、戦場(市場)をつくり続けます。その結果、戦争はなくならないのです。

同じように、人口爆発キャンペーンも多国籍製薬会社の市場づくりです。人口爆発の危機をあおって、大量のお薬をさばこうという商売なのです。

また、最近、東南海地震や首都直下型地震の報道が多いと思いませんか?これは、防災グッズの市場づくり?それもありますが。日本では、戦後つくられたビル、道路、橋、そして、インフラ(水道・電気・ガスなど)、すべて耐用年数を経過しています。つまり、土建屋さん(デベロッパー・developer・開発業者)の市場づくりなのです。

「地震がくるので、耐震構造にすべてつくりかえましょう!」といった具合です。

「テロ」だって、市場づくりの一環です。

つねに、市場を作り続けなければならない、強欲資本主義(おカネ主義)。。。多国籍企業や官僚たちは、毎日、新しい市場つくりを考え続けています。なぜなら、市場をつくらなければ、仕事は無くなり、おカネが回らなくなり、企業は倒産し、資本主義(おカネ主義)は、崩壊してしまうからです。

それは、利権構造の崩壊を意味し、一族郎党が路頭に迷うことになります。ですので、必死に利権を守ろうとします。大量虐殺をしてもです。ジョン・レノンのインタビュー―世界は狂人によって支配されている

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

こんな非人間的な、強欲資本主義(おカネ主義)は、必要でしょうか?おカネ主義は、もう止めましょう。自然に沿った永続性のある循環型社会を目指しましょう。そこには、殺戮(さつりく)も自然破壊もありません。

欠陥・資本主義(おカネ主義)経済から、「自然主義経済社会」へ転換しましょう。会社もおカネもいりません。え?仕事はどうするの?

仕事は、田畑があります。毎日まいにち、結構、仕事があります。しかも、循環型の仕事です。失職することはありません。おカネは?

おカネのかわりに、「種」があります。今年、収穫した分を少し残しておき、来年、蒔(ま)けばいいだけです。「種」は、明日の生命を約束してくれる、とても大切なものです。

「自然主義経済社会」では、ヒトによる破壊は終わり、自然は、復元され、より活力に満ちていき、それは、また明日の生命の存続を約束し、繰り返してくれます。

そして、ヒトが手を加えなければ、自然は、「極相(きょくそう)」へと向かいます。「極相(きょくそう)」とは、最終的にそれ以上、殖えもせず、減りもしないバランスのとれた、生命のマックス状態をいいます。

わたしたちは、そこから家族を養う少しをいただき、生きていけばいいのです。

一日も早く、本来あるべき母系社会へと切り替えましょう。かれら(男)は、不敗の神ではありません。いま、男脳は、限界を迎えています。

ですので、「自然循環型社会」と「母系社会」は、やる気さえあれば実現可能な社会なのです。

さて、母系社会とは、リベラルなセックスの男女の集団社会で、男と女の愛は、はかなく不確実なもので、母と子の絆こそが永遠だと信じられています。親子を定めるものといえば、母子だけなのです。

母系社会とはこんなイメージです。父系社会から、女性(女脳)の「性」が創った母系社会へ!

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

この記事のタグ

サイト内関連記事

★トーラスとガイア・自存者って?
⇒トップの比較サイトへ戻るあなたは、「豆球」のような存在です。バッテリーからプラ......
★Orgasmが男社会を変える
⇒トップの比較サイトへ戻る ●脳のオーガズムとは?  セックスって、こんなに気持......
★LoveTimeと脳内ホルモンの関係
⇒トップの比較サイトへ戻る ●ひとりHであれ、ふたりHであれ、LoveTimeの......
★女の ふしぎ発見!
⇒トップの比較サイトへ戻る <←卵子> ●だれが、創ったの?  男性であれ、女性......
★男の ふしぎ発見!
⇒トップの比較サイトへ戻る ←受精の瞬間 ●だれが創ったの?  男性であれ、女性......
★DNAとゲノム・旧皮質と新皮質・脳内ホルモン
⇒トップの比較サイトへ戻る 「人」という字は、ひとと、ひとが、支えあっているとい......
★悪魔とイワンの馬鹿
⇒トップの比較サイトへ戻る ●股のぞきって?  たまには、天地、逆さに見ることも......
★地球は目的をもつ生命体!
⇒トップの比較サイトへ戻るアイルランドの廃屋 ●コオロギって、知らない?   ......
★地球と同じ目的で生きる!
⇒トップの比較サイトへ戻る ●収穫物が輝いて  秋、田んぼは、金色のカーペット。......
★結婚制度崩壊と「母系社会」の創造
⇒トップの比較サイトへ戻る ●結婚制度の崩壊  いま中国には、「閃(せん)婚族」......
★「母系社会」こそ人間の社会
⇒トップの比較サイトへ戻る 受精したばかりの胎児は、子宮の中で母親から、女性ホル......
★「母系社会」へ還る理由
⇒▲トップへ戻る ●「帰えろかな」とは?  生命の原点(自存者・ガイア)に戻りた......
★「半分」だから「ひとつ」になりたい!
⇒▲トップへ戻る もしも、あなたは「人間は、存在しませんよ!」といわれたら、「バ......
★イキまくりたい脳内麻薬と快楽
⇒▲トップへ戻る ●麻薬(まやく)とは? 歴史上、麻薬(narcotics)とい......
★血の通った社会をつくるために
⇒▲トップへ戻る ←ジークムント・フロイト リビドー(Libido)とは、「性的......
★お祭りと笑える巨根願望
⇒▲トップの比較サイトへ戻る 染色体(せんしょくたい・ chromosome 遺......
★orgasmは、共振現象だ!
⇒▲トップの比較サイトへ戻る 忙しいの「忙」は、「心を亡くす」と書きます。「心を......
★お葬式とお墓と「母系社会」
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ●共同墓地 お墓はいらない。 散骨がある。 お墓は......
★マザー・グース (Mother Goose) の時間だよ!
⇒▲トップの比較サイトへ戻る マザー・グース (Mother Goose)の時間......
★Orgasmの科学と未来
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ←オーガズム(orgasm) ●女のオーガズムはな......
★女が語るSEXを知らない男たち!
⇒▲トップの比較サイトへ戻る 貴男は、こんなふうに思っていませんか? ・女性の性......
★神領域の第3のOrgasm!に導く
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ←オーガズム(orgasm) 女性器に触れずにオー......
★婚外子と女性差別
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ●うるさいTV TVなどを観ていると、どうしてこう......
★母系社会とは こんなイメージ
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ☆花楼(かろう)に、好きなアーシャ(恋人)を招き入......
★性教育は 社会をつくる キソのキソ
⇒▲トップへ戻る 韓国メディアの報道によれば、同国の小学生の5人に1人が毎月1回......
★ガイアは 極相を目指す!
⇒▲トップの比較サイトへ戻る アイルランドの廃屋 ★ガイアは極相を目指す! ガイ......
★諸悪の根源・男脳と父系社会
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ●「トーラス・torus」とはなにか? ところで、......
★オーガズムを得られない理由
▲ホームへ戻る オーガズムを得られない理由は何なのか? オーガズムとは、累積的な......
★ポリネシアンセックス(スローセックス)のすすめ
何かと、効率とスピードを求めがちな現代において、じっくり愛情を確かめ合う、射精......
★神になった悪魔・男脳のリビドー
↑悪魔崇拝・ヒクソス(家族マフィア・ラスボス・マムシの子ら)▲ホームへ戻る <......
★マインドコントロールからの解放・サヴァリンIn.
⇒▲トップの比較サイトへ戻る ●「トーラス・torus」 <サヴァリン・インテグ......
★プライド(虚勢)の衰退と母権の台頭
▲ホームへ戻る 【※自意識(私)とは、覚醒(独り立ち・stand-alone)し......
★催眠術の極意&その善用
▲ホームへ戻る (この記事内の、催眠術ヒプノティズム(hypnotism)という......
★精子社会から卵子社会へ
▲ホームへ戻る ●悪魔・サタンとは、嫉妬心(jealousy)のことで、暴力と破......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

愛のルーツ・Roots生命の根源は女。母系社会をめざせ!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://1-az.com/mt/sexual/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。