★緊急避妊・証拠採取、リミットは「72時間」

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

go.gif

強姦は、女性本人が警察に届け出て初めて事件化される「親告罪」だ。「被害を第三者に話したくない」「犯人の報復が怖い」と、泣き寝入りしてしまう女性があまりにも多い。

その結果、女性の救済が遅れ、犯人逮捕の機も逸してしまう。女性にとって、ある重要なタイムリミットがある。それが「72時間」だ。

妊娠を防ぐ緊急避妊薬は、72時間以内に服用しなければ効果が得られない。また、女性の体内に残っている、犯人のDNAも72時間程度で体外に自然排出される。

府警幹部はいう。「犯人の唾液や体液の付いた衣服やシーツを袋にいれて保管する」こと。女性には辛く、酷なことだが、犯人を罰するには摘発しかない。

性犯罪の中でも「魂の殺人」と言われるほど、女性の心に深い傷を刻む強姦。しかし、犯人(男性)は、「刑務所に入るたびに反省したが、我慢できなかった。

大きな事件を起こす前に、私を一生、刑務所に入れておいてほしい」と懇願するほど、強姦は、自制不可で、繰り返す性犯罪なのです。

さて、女脳は、宇宙や命を月々体現しながら生きています。しかし、男脳は、テリトリー(縄張り)を守り、命を捨てて戦うようになっているため、命を粗末にあつかいます。命をほとんど理解できないのです。

男脳が確認したいものは、テリトリー(縄張り・おカネは、テリトリーそのもの)を支配している自信と、唯一、射精の快感のみです。これこそ男脳の命そのものです。

そんな宇宙や地球生命から、はずれたところに位置する、男脳の発想にすべてをゆだねて、社会を構成しているのは、とても危険なことでもあります。母系社会を早急につくらねばなりません。
母系社会とはこんなイメージです。父系社会から、女性(女脳)の「性」が創った母系社会へ!
記事

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

愛のルーツ・Roots生命の根源は女。母系社会をめざせ!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://1-az.com/mt/sexual/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。