★「事実婚」のメリット・デメリット!

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

ji.gif

14年間の事実婚を経て、破局したジョニー・デップのように、人生いろいろ。結婚関係の不安の解消法の一つに「事実婚」がある。

その背景には、事実婚ならではのメリットが存在するようだ。

1、夫婦別姓をキープできるため選択するケース。結婚後も仕事を続けたい女性や、一部には、姓名判断を理由に苗字を変えたくないという女性もいる。

2、婚姻届を出して入籍すると、離婚する時、戸籍にいわゆる『バツ』が付きます。事実婚なら別れてもバツが付かないので、離婚経験者は事実婚を選ぶ。

3、対等な関係を築きやすい。

4、相手の家(=親)に『婿』や『嫁』という見方をされなくて済む。などがある。

だが、事実婚には問題もある。現在の日本では、事実婚に「法的な婚姻」と同等の権利が認められていない。

『税金の配偶者控除を受けられない』『夫婦間で相続権がない』などの問題がある。事実婚夫婦の間に生まれた子どもは、法的には「非嫡出子」と位置付けられ、父親に「認知」されないと相続権が認められない。

これを避けるため、子どもができると届出をするカップルも多いとか。

日本でも、「非嫡出子差別」として訴訟も起きている。ちなみにヨーロッパでは、法的な婚姻と同等の権利を認める"パートナー制度"が整備されている国も多い。

スウェーデン、フランスなどでは、婚外子が4割を超えている。今後、日本でも、「事実婚」のメリット・デメリットにかかわらず、その選択は増えていきそうだ。

結婚ってそもそもなんなんでしょうね。★結婚なんて もう いらない?
なんて思います。★婚外子(こんがいし)のすすめ
で、もういいんじゃないのって。

ともかく、既成の結婚制度が崩壊しているのは事実ですよね。これは、既成の社会体制の崩壊を意味しています。いよいよ、女の時代の到来です。

さて、母系社会とは、リベラルなセックスの男女の共同体で、男と女の愛は、はかなく不確実なもので、母と子の絆こそが永遠だと信じられています。親子を定めるものといえば、母子だけなのです。

母系社会とはこんなイメージです。父系社会から、女性(女脳)の「性」が創った母系社会へ!
記事

⇒▲トップの比較サイトへ戻る

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

愛のルーツ・Roots生命の根源は女。母系社会をめざせ!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://1-az.com/mt/sexual/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。