★深刻すぎる日本のセックスレス事情

▲ホームへ戻る

dam30.gif


夫婦の3組に1組はセックスレス。
さらには、10代-30代の未婚カップルでもセックスレスが急増中!


Q1:セックスの頻度は?

セックスの頻度について聞いてみました。最も多かったのが「月2-4回程度」の41.9%、次いで「週1回程度」の25.1%。さらにセックスレスの定義に該当する方々=具体的には「この1カ月セックスがない(10.2%)」「3カ月に1回程度(12.7%)」「 この半年セックスがない(2.7%)」「半年以上セックスがない(7.2%)」の合計=は32.8%でした。


Q2:自分たちはセックスレスだと思う?

「遠距離でたまにしか会えないけど、会った時は必ずしている」
「したいと思っても仕事が忙しくてなかなかできない」
「お金(ラブホ代)がかかるので節約のため、回数を減らしている」

など、「出来る時はしている」「セックスしたい気持ちはあるけれどできない」
といった「隠れセックスレス」の方が多いことがうかがえました。

従って、回数だけを見れば「1か月以上性行為をなし」という状態でも、「自分たちはセックスレスではない」と言う認識なのだと推察できます。

「彼とのセックスを復活させたい」
「(セックスについて)話し合いたい」
「Hで一緒に盛り上がりたい」
「回数よりも中身を充実させたい」

などセックスに対して積極的な意見が多く、
「セックスに重きを置いていない」
「スキンシップでいい」
などの「淡白派」は少数でした。


Q3:今後の人生であなたにセックスは必要?

「自分の人生にセックスは必要ない」と答えた否定派は2.9%で既婚者の2.3%とほぼ同じでした。また、「自分で(性欲を)処理すれば問題ない」というパートナーを必要としない方は17.1%で、既婚者の20.1%よりも3ポイント少なく、「セックスの復活を希望」する人は79.8%でした。


Q4:セックスレスになった時期は?

「半年ほど経って」が33.7%、「1年ほど経って」が34.6%、「3年以上経って」が31.7%と、ほぼ3分の1ずつにきれいに別れました。

既婚者の場合は「結婚後3年以上たって」が約6割、その他は「1年ほどたって(17.4%)」、「半年ほどたって(12.4%)」「結婚前から(11.6%)」が10%台でほぼ並んでいました。それに比べると「半年でセックスレス」と言う方が3割超というのは、かなりのハイペースで「カップルのセックスレス化」が進むことを示しています。


Q5:セックスをしたくないのは男性?女性?

最も多かったのは「相手がしたがらない」64.4%、ついで「自分がしたくない」23.1%、「両方ともしたがらない」は12.5%でした。既婚者の場合、それぞれが「相手」52.1%、「自分」33.6%「両方」14.3%でしたので、未婚の場合でも、男性側の性に対する消極性が際立つ結果となりました。


Q6:セックスレスになったきっかけは?

「わからない」が51%、「わかる」が49%と約半々でした。これは、「わかる」が約7割(67.6%)あった既婚者と比べると、大きく違う点です。

また、「理由がわかる」と言う方にその理由を伺ったところ

「遠距離」
「仕事が忙しい」
「時間が合わない」
と言う回答が最も多く29.4%。

次いで
「体力がない」
「疲れる」
が17.6%。

「性欲がない」
「やる気がしない」
が15.7%。

「慣れ」
「マンネリ」
「同棲していつでもできるようになったから逆にやらなくなった」
などが13.7%でした。

既婚者の原因のトップ3は「子供がいるから」「妻から夫へのネガティブな感情」「生活時間のすれ違い」でしたから、これと比べると、心や体の原因よりも、物理的に会えない状況にあるという方が多く見られました。


Q7:セックスレスな相手でも結婚する?

「はい」69.2%
「いいえ」30.8%
と約7割の人が「セックスレスでも結婚に問題はない」という認識を示しました。


●7割の女性が「抱かない夫」でもOK!?

結婚前に抱いてくれない男性が、結婚後に抱いてくれるようになることはまずありません。セックスレスの夫を選ぶことは、一生男性に抱いてもらえない可能性を覚悟することにほかなりません。

セックスでしか得られない物、感じられない喜びもあります。セックスにこだわることを「品がない」とか「恥ずかしい」とかネガティブに考えず、もっと、「結婚における夫婦の性」を重要視する方が増えるといいなぁと、思いました。

性的問題を、うまくコントロールできる社会こそ、ヒトにとって、最も幸せな社会といえるでしょう。

★女の女による女のためのジョジョカン店。コスメ&ラブグッズ体験談・口コミ情報満載中!

「ジョジョカン」とは、「女性による、女性のための官能」のことです。

女性が開発したアダルトグッズ、女性監督&スタッフによるアダルトビデオ、女性作家&編集者による官能恋愛小説レーベルなど、女性の官能をくすぐる作品が続々と生まれ、いまや「ジョジョカン」ブームが到来しつつあります。

めくるめく官能体験を味わってみたい「官能女子」のみなさんはぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

さて、母系社会とは、リベラルなセックスの男女の共同体で、男と女の愛は、はかなく不確実なもので、母と子の絆こそが永遠だと信じられています。親子を定めるものといえば、母子だけなのです。

母系社会とはこんなイメージです。父系社会から、女性(女脳)の「性」が創った母系社会へ!
記事

▲ホームへ戻る

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

愛のルーツ・Roots生命の根源は女。母系社会をめざせ!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://1-az.com/mt/sexual/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。